妊婦さん一人ひとりの心に寄り添った安心・快適な出産を目指して

産婦人科についてのご相談・お問い合わせ

047-351-3230

お問い合わせいただく際は番号をよくお確かめの上、お掛け間違いのないようご注意ください。

産婦人科の詳細ページはこちら

メールでのお問い合わせ
すくすくダイアリー

産婦人科のご案内

東京ベイ・浦安市川医療センター・産婦人科は、地域の方々が安心して受診できる産婦人科として日々診療に取り組みながら、地域における周産期医療の拠点となることを目指しています。
「産科診療」においては正常な妊娠経過における安心なお産を見守るほか、低リスク~中等度リスクの妊婦の方を中心に診療いたします。胎児や羊水量、胎盤の異常が疑われる際には、超音波外来で超音波専門医の産科医が検査し、異常の有無や程度などを診断・説明いたします。
総合病院のため、他科の合併症がある方でも診察いたします。ICUも完備しておりますので分娩時の大量出血等、不測の事態にも対応が可能です。
病棟は新しく清潔感があり、陣痛での入院から分娩まで部屋移動の不要なLDR室を完備しているため、安心・快適に出産いただけます。
「婦人科診療」においては、子宮筋腫や卵巣のう腫といった良性の腫瘍、月経痛、更年期障害など女性特有の症状の診療をいたします。特に子宮筋腫や卵巣のう腫、子宮外妊娠に対しては、開腹手術のほか、患者様の負担を軽減する腹腔鏡手術を積極的に行っております。また、子宮粘膜下筋腫、子宮内膜ポリープに対して子宮鏡下手術も行っております。現在の平均手術待機はおよそ1ヶ月です。
外来は月曜日~金曜日まで毎日診療を行っております。

※外来通院中に入院が必要となった場合には、ご入院いただくことになりますが、早産となる可能性が高まった時や新生児の治療が予想される場合には、新生児集中治療室を持つ周産期センターなどに転院や救急母体搬送を行うことがあります。

※当院では早産未熟児や病的な新生児の診療には対応できない場合があります。必要な場合には新生児集中治療室を持つ周産期センターなどへ新生児をご紹介または緊急搬送を行うことがあります。

※子宮がん、卵巣がんは扱っておりません。発見された場合には診療が可能な病院へご紹介させていただきます。

※体外受精などの専門的不妊治療は行っておりません。

主な診療体制について

診療部 産婦人科 部長 坂井 昌人

──東京ベイ・浦安市川医療センターの産婦人科の主な特徴とは?

当院の産婦人科は、産科と婦人科の両方のバランスが取れた診療体制が整っています。産科では正常な妊婦さんはもちろん、中等度リスク~一部の高リスク妊婦さんまでを診療いたします。また婦人科では、子宮筋腫や卵巣のう腫といった良性腫瘍を始めとする女性特有の疾患の診療や治療、生涯にわたるヘルスケアなどを使命としています。特に昨今では、従来のような開腹手術のみならず、低侵襲の手術にも積極的に取り組んでいます。

──産婦人科における低侵襲手術とは?

腹腔鏡や子宮鏡などの内視鏡を使った手術です。大きく開腹しないので傷も目立たず、術後の痛みも少ないため、回復・社会復帰が早いといったメリットがあります。特に患者様が女性であるため、傷が残らないようできる限り低侵襲手術を提案させていただいております。
最近では腹腔鏡手術のできる病院も多くなりましたが、どれだけ力を注いでいるのかということも問われています。
当産婦人科はお陰様で、毎月行われる手術のうち、およそ半数が腹腔鏡手術などの低侵襲手術となりました。こうした治療実績が、医師たちのさらなるスキルアップにもつながっており、手術待ちも1ヶ月以内になっています。
メリットの多い低侵襲治療ですが、大きな腫瘍の場合はやはり不向きなので、場合によっては開腹手術をしなければいけないこともございます。その場合でも、なるべく綺麗な傷口になるよう心掛けております。

──妊娠中の赤ちゃんに不安がある場合は?

例えば高齢での妊娠など、赤ちゃんの状態が心配な妊婦さんのために、超音波診断をさせていただいております。とりわけ当院では、超音波外来という特殊外来を設けており、ご希望の方に胎児の状態を検査する超音波胎児スクリーニングをいたします。その上で、一人ひとり時間をかけてていねいに診断結果をお話し、今後の経過についてカウンセリングのような対応をさせていただきます。
もしも胎児に当院では対処のできない異常が発見された場合には、適切な治療ができる病院をスムーズにご紹介いたします。

──受診を検討されている皆様へのメッセージ

特に高齢で妊娠された方や、上のお子様が病気を患っている方などは、不安に思うことも多いと思います。当院は、どなたでも初診外来を受け付けておりますので、まずは予約をしていただき、不安なことなどお気軽にご相談ください。私たちにできることは積極的に対応致します。どうしても治療できない分野であれば、適切な医療施設を紹介することで不安解消のお手伝いをさせていただきます。

診断・治療の主な特徴について

診療部 産婦人科 産婦人科専門医 鈴木 大輔

──東京ベイ・浦安市川医療センターの産婦人科として
特に力を入れていることとは?

当院では急性期医療を中心としているため、私たち産婦人科においても、婦人科の救急疾患や周産期のお産・分娩関係に特に力を注いでいます。治療面で言えば、特に腹腔鏡手術が挙げられます。

──腹腔鏡手術の取り組みと成果について

腹腔鏡手術は、現在私たちが特に力を入れている分野です。特に大きな病院など腹腔鏡手術を行う医療施設もありますが、大きな病院では手術の待ち時間が長いという欠点もあるようです。そこで当産婦人科では、2015年の夏より腹腔鏡治療のできる産婦人科医を増員し、また設備も充実させたことで、腹腔鏡手術枠を増やすことができました。結果的に手術の待ち時間の大幅短縮につながっています。
現在は産婦人科だけで月に10件ほど腹腔鏡手術を行っていますが、件数が増えている背景にはもうひとつ、地域の開業医の皆さんから当産婦人科を紹介いただく機会が増えつつあるということもあります。それだけ近隣の開業医の皆さんに当産婦人科のことを知っていただき、また実際に治療を経験された患者の皆様から評価をいただいている結果だと認識しております。

──診断・治療の上で特に心掛けていることは?

患者様が抱える不安や不明点をとにかく解消していただくため、の対話を怠ることのないよう心掛けています。例えば、こちらの説明だけでは伝わらないことや不明なことなどもあるかと思います。そうしたときに逆に質問していただけるような時間を設け、納得や理解が得られるまでお答えするようにしています。

──受診を検討されている皆様へのメッセージ

最近は、多くの病院が分娩体制を整えておりますが、当院は、建物が綺麗なので気持よく出産に臨んでいただけることと思います。また、腹腔鏡の手術枠も増えているため、比較的スムーズに治療を行うことができます。お陰様で、徐々に多くの患者様に来院いただくようになっております。
更なるレベルアップを目指し、チームで協力し合って、より満足いただける診療を追求して参ります。今後ともよろしくお願いいたします。

看護部からのメッセージ

一人ひとりに寄り添っていけるような看護を目指しています。

看護部 4階北病棟師長 川津 尚子

産婦人科病棟では、妊産婦の方々が安全で安心なお産のできるよう、サポートさせていただいております。また、お産にリスクのある方や、婦人科としての患者様もいらっしゃいますので、そうした一人ひとりに寄り添っていけるような個々に対応した看護を目指しております。
当院では外来と病棟を一本化しており、妊婦検診の時から出産後まで一連した看護をご提供しており、施設や設備がしっかり整っていることも当院の特徴です。
病棟もとても綺麗ですので、これまで入院された患者さまや妊産婦の皆様にも気持ちの良い環境であると喜んでいただきました。妊産婦の方々が陣痛から分娩までを過ごせるLDR室を完備しており、院内手作りの食事やおやつ、出産のお祝い膳なども好評です。産後は、授乳ケアの一環としておっぱいのマッサージや育児相談もお受けしています。
お産は何かと不安になりやすいものです。
当院では、小児科医との協力体制も充実しています。助産師、看護師が連携してあたたかい看護をもって、ケアさせていただきます。

妊娠初期から産後ケアまで、長期にわたってフォローします。

看護部 助産師 中居 愛実

出産には、合併症などリスクを伴うこともあります。当院は、様々なリスクを抱える妊婦さんが安全に出産できる環境を提供し、また幅広い患者の皆様に寄り添った看護やケアが提供できる、地域の総合病院です。私たち助産師は、赤ちゃんを取り上げることだけが役割ではありません。生まれてくる赤ちゃんのケアはもちろん、妊婦さんの精神的なフォローもさせていただいております。特に当院では、外来の保健指導も私たち病棟のスタッフが対応することがあるため、妊婦さんとは妊娠初期の頃から顔を合わせることができ、それから出産、一週間検診、一ヶ月検診と、長期にわたってフォローできる体制が整っています。また、外国人の妊婦さんもよく来院されます。国によってお産の文化や風習が異なるため、そういったこともその都度確認し合いながら、一人ひとりに満足していただけるような分娩体制や一貫したサポートを心掛けております。
もちろん、産後のケアも欠かせません。皆さんの不安を軽減できるよう、授乳指導や退院後の日常的なご相談などじっくりとお話させていただいております。

スタッフや設備が整った環境で、様々なサポートをさせていただきます。

看護部 看護師 新谷 みゆき

こちらの産婦人科病棟は、産婦人科の患者様だけでなく、内科や外科など他の診療科を受診される女性の入院患者の皆さんがいらっしゃいます。そのため、女性の患者様を看る病棟として、様々な患者様のサポートができるようスタッフや施設・設備などの体制が整った病棟であると言えます。看護師は、助産師のように産科で赤ちゃんを取り上げることがないため婦人科やその他の科での担当がメインとなりますが、それでももちろん看護師という立場から助産師と協力して赤ちゃんやお母さんのサポートをさせていただきます。
婦人科の患者様は、病や体調についてなかなか言い出しにくいデリケートな問題もあることと思います。そういったときのために私たち看護師が相談しやすい環境をつくったり、皆さんの気持ちを汲みとって看護できるよう日頃から配慮しています。特に当院では病棟のスタッフが外来へ赴くこともあるため、その後の入院時にも面識のあるスタッフが身近にいることとなります。妊婦さんや患者さんにはとても安心していただけることと思います。

妊婦さんの負担を軽減するLDR室のご案内

東京ベイ・浦安市川医療センターの産婦人科では、妊婦さんの負担を軽減するためにLDR室を4室完備しています。
LDRとは、陣痛(Labor)、分娩(Delivery)、回復(Recovery)の略語で、陣痛室・分娩室・回復室が一体となった個室になります。
従来の出産では、陣痛による痛みを抱えた妊婦さんが自らの足で分娩室へ移動する必要がありました。その負担をなくすために考えられたのがLDR室です。陣痛から分娩、その後の回復に至るまで、すべて同じ部屋の同じベッドで過ごすことができます。各室ゆったりとした広さも確保されているため、ご家族が立ち会いやすいというのも特徴です。

特に当院の産婦人科病棟は新しい病棟のため、LDR室の内装・設備はもちろん、産まれたばかりの赤ちゃんのための新生児室など、すべて綺麗で清潔感があり、妊婦の皆様には最後まで快適・安心に出産を迎えていただくことができます。

分娩費用のご案内

詳しくは、当院の入退院受付窓口または産婦人科窓口にお問合わせください。

基本料金:498,500円~(平成28年4月1日から適用となります。)

(入院した日に正常分娩となり、産後5日間入院して退院した場合)

・基本料金には入院料 (日数分)、食事費(日数分)、分娩料、分娩・産後の基本処置検査料、新生児管理保育料、新生児基本検査料、産科医療保障制度掛金、お産セット(赤ちゃんのオムツ他)、出生証明書料などが含まれています。

・分娩費用は入院した日から分娩した日までの日数、時間外・深夜・休日加算費用、産後の入院日数、入院中に使用した薬剤、検査、処置、手術等により変わります。

・異常/病気に対して行った検査、薬剤、処置、手術等は保険診療となり加算されます。

・個室を使用した場合(+18,000円*税抜/日)、大部屋(4人)もしくは個室的4床室を使用した場合(+1,500円*税抜/日)、別途料金として加算されます。

・時間外(+10,000円)または深夜(+20,000円)の分娩、休日(+20,000円)の分娩となった場合は、それぞれ別途料金として加算されます。

・分娩時鎮痛のために硬膜外麻酔を使用された場合は5万円(自費)が加算されます。(無痛分娩等については、受診の際に医師へご相談下さい。)

・分娩前にお預かりした保証金は退院精算時、お返しいたします。

・生活保護受給の方、その他社会的状況などで支払いにご心配のある方は、職員が利用可能な制度などのご相談をいたしますので妊婦健診へ通院中にお申し出ください。

・その他出産に関わる手当、制度などについて は、お住まいの自治体にご確認ください。

*「内閣府」ホームページ >出産や育児等への支援について

*「全国健康保険協会」ホームページ >出産手当金について>出産育児一時金について

産婦人科病棟の見学について

要事前申込

平日の午後に見学していただくことが出来ます。産婦人科外来看護師へお申し込みください。
お電話でのお申し込みも可能です。

平日(月~金)14:00~17:00の内、1回30分程度

見学会お申し込み 047-351-3101(代表)

産後相談窓口

要事前申込

おっぱいマッサージや育児に関する相談窓口を行っています。
産婦人科外来看護師へお申し込みください。

月・水・金 13:00~16:00の(1回45分)

料金/有料 1回1,500円(全額自責)

産婦人科についてのご相談・お問い合わせ

047-351-3230

お問い合わせいただく際は番号をよくお確かめの上、お掛け間違いのないようご注意ください。

産婦人科の詳細ページはこちら
メールでのお問い合わせ すくすくダイアリー